引越しの際の粗大ごみの処分方法について

引越しが決まった時に、真っ先にしたことが、粗大ごみの収集申し込みです。
粗大ごみの収集は月に1度だけ。以前の引越しでは申込みが間に合わず、一旦引越し先に運んでから処分することになり、不要となった粗大ごみを2ヶ月近く保管することになったからです。今回はそんな失敗がないよう、捨てるものをサッサと決めて、引越しの日も粗大ごみの収集が終わってからにするようにしました。
引越しでの粗大ごみ処分で困るのは、捨てる予定のものの中には、引越し直前まで使いたいものもあることです。我が家ではタンスも処分するつもりでしたが、さっさと捨ててしまうと、衣類の収納が不便です。タンスを運び出すのも大変なので、どうしようか考えていた時に、引越し業者に問い合わせてみると、オプションでタンスの処分を引き受けてもらうことができました。
タンスのような大きなものは、自治体に処分を頼んでもかなりの費用がかかります。運ぶ手間も省けるし、大きなものは引越し業者にお任せするのが一番です。今回の引越しでもまた粗大ごみの処分について学習することとなりました。

カテゴリー: 引っ越し, 粗大ごみ パーマリンク