不用品を片付けた体験談

仕事が忙しすぎて部屋を片付ける暇がなく、気がつけば家の中がいらないものや不用品であふれていました。おそらく仕事のストレスもあり、洋服、食品やインテリア用品など、必要のないものをたくさん買ってしまっていたのだと思います。仕事が少し暇になったことをきっかけに家の中の不用品を片付けることにしました。
まず、キッチンはひどい状態で生ごみやお菓子の袋などが散乱していました。とにかく生ごみは一刻も早く捨てなければと思い、すべてゴミ袋に入れることから始めました。キッチンのゴミを袋に入れるのに二日ほどかかり、その後、汚れやカビをぞうきんできれいに拭きました。
次に、リビングにあふれていた洋服やインテリア用品を整理することにしました。洋服は捨てるのがもったいないかなとも思ったのですが、脱ぎ捨てたまま何カ月も経っており、臭いがひどいのです。そのため、ほとんどの洋服を処分することにし、これらもゴミ袋に全部まとめました。大型のインテリア用品は業者さんに頼んで引き取りにきてもらい、かなり部屋がすっきりしたと思います。

カテゴリー: 不用品 パーマリンク