片付けは、労力の他に心の余裕も必要。

引っ越しをした時のエピソードです。

新居に移るため、

長年使ってきた家具等を見直すことにしました。

新居用に家具を揃えたこともあり、断捨離もかねて、

ここはスッキリさせようということになりました。

でも…。

いざ処分となると、まだまだ使えそうなものもあるので、

捨てるのが忍びない気がします。

なので、リサイクルショップに出せそうなもの

処分したほうが良さそうなもの、と分別することにしました。

我が家は、当初子どもが小さかったこともあり、

カラーボックスや、プラスチック製の小物入れなど、

それらを組み合わせて家具を作って、使用していました。

それを、

①新居で再利用できそうなもの

②不要なのでリサイクルショップへ持ち込むもの

③完全に処分するもの

の3種類で分けることにしました。

中でも、キッチンに置いてあった移動式のカウンターは、

年季が入り、すぐに③の処分へと決定しました。

でも、この処分が本当に大変でした。

業者は頼まずに自力で行ったので、

かなり重いのを我慢し、何とか運び出して、

直接清掃センターへ持っていくことにしました。

ちょうど引っ越しシーズンだったので、

長蛇の列になっていました。

その時の私は、疲れもピークに達していたので、

心底疲れていたような記憶があります。

ピリピリとした雰囲気の中で、

家族とも険悪な雰囲気になりそうでした。

あの頃、お手頃な価格で片付けができていたら、

もっと心に余裕を持てていたのかも?

今になって、ちょっと後悔しています。

カテゴリー: 整理 パーマリンク