昔着ていた衣類を捨てる気持ちよさに目覚めました

私は少し前まで衣類を捨てられませんでした。20年以上前に着ていた衣類を衣装ケースの中に入れて大事に保管していたのです。20年以上前の服はその時代流行っていた物で、とても今着られるような物ではないです。

肩パットが厚く、スカート丈は短くてデザインは奇抜です。一言で言って派手。派手としか言いようのない個性がありすぎるデザインの衣類ばかりです。こういう衣類はもう出番がないと思います。もしも日本がまたバブル景気に湧いたとしても、ここまでの衣類を着て歩く人はいないでしょう。

そう思いながら、二度と出番がないと知っていながら大事に保管していたのです。それをやめたのは自分を変えたかったから。だから断捨離を始めました。

断捨離をしている人が周りに多くなって、私もそろそろと思いました。やってみると気持ちがいい!気持ちがよくなって毎日なにか捨てないと気が済まなくなってきました。ゴミにするのではなく掃除用の布として使っています

カテゴリー: 衣類 パーマリンク