粗大ごみは必ず問い合わせてから出しましょう

飼っていた犬が死んでしまい、犬小屋を廃棄しようと思ったのですが、なかなかの大きさで、どのように廃棄したらよいのかわからず困っていました。
木造なので、燃えるごみで出せるのか聞いてみたところ、それは出来ないとのことで、粗大ごみとして出してくださいと言われました。
しかし、粗大ごみは、レンジやソファーしか廃棄したことがないため、廃棄方法がわかりませんでした。

粗大ごみセンターに問い合わせてみたところ、壊すことができるのであれば、壊してから出してほしいとのことでした。
しかし、壊そうにも、とても頑丈にできていたので、壊すことはできませんでした。
その際は、そのまま粗大ごみとして出していいとのことでしたので、そのまま出しました。しかし、粗大ごみは専用の貼り付けシールを買わないといけません。
このシールにも何種類かあり、全くわからなかったので、粗大ごみセンターに再度問い合わせてみたところ、詳しく教えていただくことが出来ました。

粗大ごみの分別は特に難しと思いますので、問い合わせて聞いてみるのが一番いいと思います。詳しく丁寧に教えていただけます。

PR|神戸の遺品整理業者なら|

カテゴリー: 粗大ごみ パーマリンク