粗大ごみは宝の山である可能性もあります

一斉の家の大掃除や引越に伴う整理整頓などをしていると、不要だと思える粗大ごみがたくさん出てくることがあります。大抵の人は、粗大ごみは、ごみですから、そのままゴミの日に捨てるか、量や多かったり、物が大きかったりすれば粗大ごみを扱う業者に引き取ってもらいます。しかし、そんな粗大ごみも実は宝の山である可能性があります。どんなに汚れていても、どんなに壊れていても、欲しいという人が全国に存在するのです。一般の考えでは、汚れているわ、壊れている物を欲しいという感覚がわからないですが、その人にとっては宝なのです。なんとお金を出してでも欲しいという人もたくさんいます。もし、手間でなければ、粗大ごみであってもオークションなどに出店してみると、売れることがあります。同じごみでもお金になるごみであれば、売ってしまった方が得です。特に日頃からオークションを利用してる片は、ダメ元で粗大ごみをオークションに出してみるのをオススメします。その中、何が売れるのかわからないものです。

カテゴリー: 粗大ごみ パーマリンク